真の教育とは、私たちを次の
ステップへ導いてくれるもの

TOFAは、発展途上国で教育や就労の機会を奪われている人たちと、
先進国で精神的な豊かさや個々の価値創出の機会を
求めている人たちを結び繋げることにより   

長期的かつ世界的視野において、本当の社会の豊かさと
人々の幸せに貢献したいと思っています。


たくさんの暖かい応援とご支援、心からありがとうございました!

クラウドファンディングは、2021-04-28に募集を開始し、170人の支援により1,503,000円の資金を集め、2021-06-15に無事終了いたしました。
これで、ニャンブリ小学校の周辺小学校4校へ、合計2500冊の教科書を届けることができます。
教科書をまだ見たことのない子供たちが、これから一生懸命学び、夢を持って成長してくれると思いますし、同時にそんな子供たちの姿を見て、
大人たちも影響を受け、教育への関心はもちろん、自然保護や世の中に貢献していってくれることと思います。
それらの様子は、このTOFAホームページでも随時お知らせしていきますので、ぜひ今後ともご支援お願いいたします。


わたしたちTOFAは、アフリカ諸国と日本を中心に4つの軸で活動を行います。
教育や雇用のチャンスを高め、自然保護や国際交流をすすめ、アフリカと日本、そして 世界の人々とのネットワークで社会に貢献していきます。

私たちの4つの活動軸

教育支援
全ての子供たちに学びと夢を持つ機会を
1)教育環境の整備

✔ 校舎、校庭等の整備と教育物資の提供

✔ 教育環境に従事する現地NGO・NPO
 との協業

2)教育・意識改革

✔ 子どもたちへの学びの機会提供

✔ コミュニティーへの教育意識改革
雇用創出
健全な生活のために働く機会を作り出す
1)生産技術の向上

✔ ビジネスにつながる産物の選別

✔ 製品の品質改良及び生産の技術提供

2)雇用機会の創出

✔ 女性への職業訓練を実施

✔ 労働の習慣化と意識の向上サポート
国際交流
自分の枠を広げ、広い視野で未来を語る

1)文化・教育交流

✔ 日本とアフリカの直接的相互交流

✔ 交換留学、姉妹校提携、交換研修等の
 実施

2)ビジネス交流

✔ 日本企業のアフリカへの進出援助、
 コンサルティング

✔ ビジネスを目的とした企業紹介、
 交流の場の創出

自然保護
地球と自然を守ることは自分を守ること
1)野生動物の保護

✔ 密猟に対する子供たちの意識改革

✔ 問題に関する日本人の意識向上

2)植物の保護

✔ 植林などの自然環境保護活動

✔ アフリカ、日本ともに、自然保護を
 ベースとするマインド育成
雇用創出
健全な生活のために働く機会を作り出す
1)生産技術の向上

✔ ビジネスにつながる産物の選別

✔ 製品の品質改良及び生産の技術提供

2)雇用機会の創出

✔ 女性への職業訓練を実施

✔ 労働の習慣化と意識の向上サポート
TOFA会員になっていただける方へ
当団体では会員になっていただける方を募集しています。
左の会員登録ボタンから登録画面へお進みください。

TOFAの誕生とその想い

TOFAの誕生とその想い    

  • 田中ちひろは2002年タンザニアのセレンゲティ国立公園へ旅をし、そこでポールと出会いました。当時コックだったポールはとてもまじめで、仕事熱心なシャイな青年でした。
  • ある日、ポールと夢の話をしました。夢は何か?との問いに彼は「もっと勉強したかった!」と答えたのです。そこで友人たちとポールの学費を援助することにしたのです。
  • ポールはまずプロのコックになり、その後、自分でお金を貯めて勉強しガイドの資格も取ります。またガイドとして、きちんと社会的な問題や環境問題など様々な質問にも対応できるよう大学でも学び、成功していきます。彼は、自分の今があるのは、すべて「教育を受けられたこと」がベースだと深く確信し、タンザニアの子供たちにもその機会を与え、夢を持つことを教えたいといいます。
  • 一方田中ちひろは、豊かな国でありながらストレスに悩み、生きぐるしい思いをしたり、心を病んでいくことの多い日本の人たちや子供たちに、世界が広いこと、生き方の可能性も無限なことを実感してもらい、皆が元気に生きていくきっかけを提供したいと思っていました。
  • 15年来ずっと友情を育んできたふたりが、お互いのビジョンを共有し、プロジェクトを立ち上げたのがTOFAの始まりです。
  • そしてその活動は2017年ポールの故郷ニャンブリ村へ日本人を連れていくことからスタートしました。

最近の活動レポート
(2017年~2020年)

教材の提供

2017年09月
ニャンブリ小学校へ、教科書(900冊)を提供。

2018年08月
地図(30冊)、ノート(100冊)、サッカー、バレーボールなど(10個)を提供。

2019年08月
ノート(300冊)とペン(2000本)を提供。

2020年2月
ノート(500冊)、サッカーボール(3個)、バレーボール(2個)を提供。

校舎の修繕

2018年12月
ニャンブリ小学校の8棟分の教室床修繕

2020年2月
ニャンブリ幼稚園の1棟分(新設)の屋根の建築。

現地交流

2017年8月
ニャンブリ小学校初訪問

2018年8月
ニャンブリ小学校訪問:サッカーで小学生と対戦
教育委員会職員、ニャンブリ村村長と会談

2019年08月
幼稚園義務化に伴う、幼稚園の建設現場の状況などを視察
コーヒー農園訪問

2020年2月
幼稚園建築現場視察
ニャンブリ村医療の状況などを現地派遣医師からヒアリング。
ニャンブリ村に初めて宿泊し、村長他と会食。

植林

2020年2月
ニャンブリ村にて、小鳥のえさになる樹木の苗木を村長と植樹(50本)

寄付をしていただける方へ

クレジットカードでの寄付をご希望の方へ
寄付の際、金額、並びに単発と毎月1回の継続のどちらかを選択して頂けます。クレジット決済の前にフォームにお名前等のご記入をお願いしています。
銀行振込をご希望の個人の方へ
お問合せフォームでお名前等をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)

GIVE and TAKE

受け取ることの方がずっと多い活動

教科書の寄贈や校舎の建設など一見与えることが多いように見える私たちの活動は、実は受け取ることの方がはるかに多いものだと私たちは感じています。

物質的には何も持たない子供たちの好奇心に満ちた瞳の輝き、心からの歓迎や笑顔は、私たちの心を癒し、大切なものを思い起こさせてくれます。

360度見渡す限りに広がる地平線、サバンナを染める夕日、太古から淡々と繰り返される生命のドラマに触れると、自分たちの悩みがいかに小さいかを実感します。そしてなぜか心が浄化され、みんな元気になってしまうのです。

世界が広いこと、生き方もたくさんあること、すべての命は小さくてもかけがえのないものであることを全身全霊で感じ、そして、この大切な地球を、少しでもいい形で次の世代へ贈りたいと願うのです。

心温まる感謝状をいただきました

あなた方のやさしさに心から感謝します。あなた方は、毎日を生き残るだけで精一杯の、とても小さな存在である私たちの叫びを無視せず、人を助けることができる立場の人たちに届けてくださった。あなた方からの援助(教科書や文房具)は私たちにとってはとてつもない大きな恵みなのです。
あなた方のそんな愛情、優しさにいつか、何らかの形でこたえたいと思っています。あなた方からの援助が私たちにとってどれほど価値のあるものかを、ここにお伝えしたいと思いました。その尊い行為を続けて頂ける力がいつまでもあなた方にありますように!そして心からの感謝とともに、あなた方の大切な人たちがいつも幸せでありますように祈ります!                               ニャンブリ小学校校長
TOFA会員になっていただける方へ
当団体では会員になっていただける方を募集しています。
左の会員登録ボタンから登録画面へお進みください。

TOFAの3ヶ年計画 
2021~

教育支援

幼稚園義務化・児童数増加に伴う教育環境整備
・幼稚園校舎建設
・小学校校舎建設
・上記増設に伴う、教材支援(教科書、ノート、ペンなど)

より多様な教育を受ける機会の創出に向けた準備
国内外含め、タンザニアの子供達がより多様な教育機会を得るための、
交換留学・交換研修の提携先の検討


雇用創出

ビジネスにつながる産物の選別
タンザニアで生産されている産物から日本(および海外)で販売できる産物を選定し、販売ルート等の確立を行う。これにより、現地の自立支援につなげるとともに、タンザニアについての認知を広げる


女性の自立に向けた職業訓練
上記産物の品質および生産性向上を目的とした職業訓練を主に女性に対して実施(手に職をつける)

国際交流

現地訪問
ニャンブリ小学校、ニャンブリ村訪問による現地村人との交流および現地の現状把握

日本での交流会開催
現地メンバーを招き、日本にて現地の状況報告および交流を行う

オンラインを使った交流
現地の教育現場、社会人との交流をオンラインで行う
現地のネットワーク環境を整えるまでのサポート

自然保護

野生動物の保護
密猟を防ぐための教育活動

植林活動
自然環境保護に向けた植林活動

寄付をしていただける方へ

クレジットカードでの寄付をご希望の方へ
寄付の際、金額、並びに単発と毎月1回の継続のどちらかを選択して頂けます。クレジット決済の前にフォームにお名前等のご記入をお願いしています。
銀行振込をご希望の個人の方へ
お問合せフォームでお名前等をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)

現地報告

タンザニアって、どんな国?

面積:日本の約2.5倍

人口:日本の半分

年齢中央値:日本より30歳も若い 17.7歳

平均寿命:日本より20年くらい早い 60・63歳

合計特殊出生率:5.2人で日本の約4倍

妊産婦死亡率:日本の264倍 

5歳未満児死亡率:日本の17倍

児童識字率:63%

ベストフォトグラフ

2020年ベストフォトグラフ

タイトル:獲物に狙いを定めるヒョウ
撮影者:小﨑 なるみ

2019年ベストフォトグラフ

タイトル:大迫力!ヌーの川渡
撮影者:吉岡 恵

2018年ベストフォトグラフ

タイトル:クーリア族歓迎の舞
撮影者:小﨑 なるみ

2017年ベストフォトグラフ

タイトル:子ゾウを守るゾウの群れ
撮影者:田中 ちひろ

物販コーナー

タンザニアの素敵な品の数々をご紹介します。
TOFAは、タンザニアの子供たちの将来の雇用を創出し、そして私たちも現地との交流でその文化を知り、その価値を高めるために、彼らの作る様々な品やサービスを提供したいと思っています。現在、対象となるものの吟味、生産過程のチェック、輸入の手続きなど、様々なプロセスを進めていますので、今しばらくお待ちください。

支援・参加の方法

会員募集

TOFAでは私たちの理念や活動に賛同しご協力くださる会員の方を募集しています。
会員登録してくださった個人・団体の皆様は、TOFAが主催するさまざまな活動にご参加いただけます。皆様とご一緒できることを心待ちにしています。
(尚、年度途中の入退会であっても会費はご返却できませんのでご了承ください。その他、不明な点がありましたら、事務局へお問い合わせください。)


■正会員
この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体
  • 個人
    <入会金> 5,000円
    <年会費> 1口 10,000円 1口以上
  • 団体
    <入会金> 50,000円
    <年会費> 1口 100,000円 1口以上
 
■賛助会員
この法人の目的に賛同し賛助するために入会した個人及び団体
  • 個人 
    <入会金> 5,000円
    <年会費> 1口 5,000円 1口以上

  • 団体
    <入会金> 50,000円
    <年会費> 1口 50,000円 1口以上


※会員種別詳細はこちら

寄付のお願い

現地の仲間と連携しながら、優先度の高い課題から対応を行っています。現在進行中のプロジェクトは以下です。
是非、皆様のご支援をお願いいたします。
皆様のご支援の結果は随時ホームページにてご報告いたします。
(実際に現地を見て頂く企画も実施予定)

教科書・文具類

校舎修繕・建設

25万円で一棟の建設ができます

水タンク修繕

植樹

植樹


寄付をしていただける方へ

クレジットカードでの寄付をご希望の方へ
寄付の際、金額、並びに単発と毎月1回の継続のどちらかを選択して頂けます。クレジット決済の前にフォームにお名前等のご記入をお願いしています。
銀行振込をご希望の個人の方へ
お問合せフォームでお名前等をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)
法人、団体の方へ
お問合せフォームで担当者のお名前と法人名、団体名をご記入いただき、送信して下さい。銀行口座をお送りいたします。(金額はご自由に決めていただけます)

会員リスト

ご承認いただいた方、法人のみを記載しています。

役員紹介

理事長
田中ちひろ
15年来のタンザニアの友人ポールとビジョンを共有し、個人レベルで活動をスタート。現地の人はもちろん、参加した日本人が限りなく元気になる様子を目の当たりにし、この活動が地球の未来と人々の幸せに貢献することを確信しNPOを設立。日本、タンザニアのみならず、この活動を世界へ広めている。

副理事長
小﨑なるみ
初アフリカ大陸上陸が、ニャンブリ村への訪問。雄大な自然、生死が交差する野生動物、学ぶ喜びに満ちた子どもに感動。互いのGive & Take を広げたい目的でTOFAの創設メンバーに加わる。小さな心の交流を通して、ポジティブの和を広げていけると確信している。
理事
吉岡恵

TOFAの理念・活動が、自分自身が持つ、「自然に自分らしく生きられる社会の実現」という理念につながることから、TOFA創設メンバーとして参画。2017年のタンザニア初回訪問から毎年タンザニアを訪問しており、当初から支援活動に参加している。

理事
大原浩幸
アフリカの壮大さと自然の大切さを感じました。 また、子供たちの輝いている瞳が印象的でした。 そんな子供たちが世界中にあふれ、大人も子供も 元気な環境を創る。それをTOFAの活動を通じて 豊かな社会を作り、私の理念である「人と人との 繋がりで幸せな未来を創る」目的で活動に参加。
理事
大原浩幸
アフリカの壮大さと自然の大切さを感じました。 また、子供たちの輝いている瞳が印象的でした。 そんな子供たちが世界中にあふれ、大人も子供も 元気な環境を創る。それをTOFAの活動を通じて 豊かな社会を作り、私の理念である「人と人との 繋がりで幸せな未来を創る」目的で活動に参加。

組織概要

TOFA Talk Our Future from Africa
メールアドレス(事務局) office@tofajapan.com
理事長 田中 ちひろ
副理事長 小﨑 なるみ
理事 吉岡 恵
理事 大原 浩幸
監事 谷口 雅和
理事 大原 浩幸

会員登録 or お問合せ

TOFAの会員ご登録、お問合せは下のフォームからお知らせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
送信された情報は、お問合せ内容確認と返信のためにのみ使用し、その他への利用はいたしません。